仕事も家庭も子育ても!人生まるごと楽しみたいワーキングマザーの共有共感共育コミュニティ

子供が病気の時はこう乗切る!3つのバックアップ

2013年09月11日(水) 働く  By shimatani minako Read More »

キャリアカウンセラーの島谷美奈子です。

「子供の病気で休まれると困る」企業の採用担当者からそう聞くことがあります。
やっぱりもっと子供が大きくなるまでは家にいたほうがいいのかしら、と不安になるママも多いことでしょう。でも、採用担当者の本音はもっと深いところにあります。3つの本音から対策を考えてみましょう。

◆子供の病気で休むことが…あまりに多すぎる!
 
子供の病気で休むかもしれないことは周囲も予想しています。けれども、数日間続けて休まれたり、1週間単位で休まれるのは業務への支障が大きすぎて困ります。休んだとしても、なるべく翌日からは職場復帰できるように動いてほしいのです。

そのためには、いざという時の預け先をストックしておきましょう。「頼れるものはすべて頼る」ことがポイントです。

パートナー、親、兄弟、親戚、友人たちに連絡し、調整がつく日程と時間帯を確認します。半日だったらOKという場合もあります。病児保育、ベビーシッター、ファミリーサポート等のサービスには事前に登録しておき、すぐに相談しましょう。熱が引いた後の病気回復時には通常のベビーシッターやファミリーサポートにも預かってもらえます。翌日からの2.3日を誰に預けてどう過ごすかを計画立て実行していきましょう。
 
◆子供の病気で休むときに…仕事を投げ出すのが困る

朝、急に休むことになった、勤務中に保育園から急に呼び出しがあり早退するというケースもあります。その際、仕事の進捗状況の報告や引き継がないと周囲はとても困ります。申し訳ないから戻ってきたら自分がやります、という姿勢がさらに迷惑をかけてしまうことがあります。ビジネスのスピードは速いのです。

それを避けるためには、普段から「仕事を見える化」しておきましょう。
進捗状況はこまめに上司に報告しておく、同じ業務の同僚と情報共有しておく、ファイルやデータの保存場所を部署内で共有しておく、これらの工夫で引継がスムーズにできるようになります。 
 
◆子供の病気で休むのは…仕方ないじゃない!の態度に傷つく

 仕事の引継ぎ、子供の看護、翌日からの預け先手配、と複数のことをこなしていたらママもグッタリしてしまいますね。ついつい、「子供の病気で休むのは仕方ないじゃない」という気持ちにもなってしまいます。でも、その態度が職場に出てしまうと周囲も傷つくのです。なぜなら、急に休んだワーママのフォローをしているのは同じ職場の同僚や上司だからです。誰にだって事情があります。家族の介護やご自分の持病を抱えながら働く方もいるのです。
「大変なのよ!」という気持ちは、職場ではなく違う場所で思いっきり出しましょう。

それは同じワーママの前です。職場のワーママや保育園のママに声をかけてみてください。子供の病気時の対策で悩んでいるのは同じです。乗り切り術の良いアイデアをもらえることもあります。身近にいない場合は、ワーママが集まるコミュニティーに参加してみるのもいいでしょう(注1)。

◆3つのバックアップとは

バックアップには「援助する存在」、という意味があります。
子供の病気で職場を離れなければいけない時、その離職時間を短くするためのサポーター、職場の仲間に進捗状況や引き継ができる状況、苦労を分かち合えるワーママの存在、それらはすべてあなたが働き続けることを援助してくれる大きな存在になるでしょう。

(注)ワーママコミュニティ
ワー育.jp主催「ワー育カフェ」働くママの悩みスッキリ解決のワークショップを開催中

キャリアカウンセラー 島谷美奈子
——————————————————————————————————————-
☆主婦の経験・ママの経験があるからこそ、仕事ができる!☆
——————————————————————————————————————-
オフィシャルHP: http://www.personal-life.org/

ママの再就職・職場復帰のためのステップアップ講座~一年以内に働き始めたいあなたへ~
「ママの再就職カウンセリング」
——————————————————————————————————————-


Tags: , , , ,

Comments are closed.