仕事も家庭も子育ても!人生まるごと楽しみたいワーキングマザーの共有共感共育コミュニティ

子育て期は、華麗に転身するチャンス!

2013年09月24日(火) 働く 家族 生き方  By kudo aki Read More »

こんにちは。運営人アキです。

女性の出産そして育児期間に、社会と切り離されてしまうことに漠然とした恐怖を感じる女性は多いと思います。
ですから様々な育児のサポート制度を利用して、出産前と変わらないお仕事を続けていく方ももちろん多いですし、どんどんそういう体制も整いつつあります。

ですが実際のところ、今の日本では、周囲にどんなにサポート体制が充実していようとも、出産前と変わらない仕事を継続していくというのは体力だけでなく、「鉄の女」級のメンタリティと同時に思考の柔軟さが求められ、ましてや初めて出産を経験するような20、30代前半の女性にそれを求めるのは、正直酷だと思うのです。

いくら世の中ワーキングマザーブームといえども、実際はメディアが持ち上げているだけじゃない?とも思える上っ面だけの虚像を感じる実態が多く、また「ザ・昭和」な家庭像を持った私達の親世代の圧力にも、私達は歯を食いしばって耐えなくてはなりません。

ですので、いろいろな理由で今の時代だって出産を機に、お仕事から仕方なく離れてしまう女性も多いと思うのです。

でも!その仕事をもしていない育児期間こそ、見方を変えればチャンスなのです。

育児って最高だわ〜!これぞ私の生き甲斐!!な、母性溢れる女性であれば全く問題ないでしょうが、過去最大級自分の思い通りに事が運ばない魔物(乳幼児)を相手に、自分の自由も制限され、家族と向き合うことだけを要求される日々が続き、今までバリバリとお仕事をしてきた人ほど現状とのギャップを感じ、お仕事を辞めてしまったことに対して後悔の念がドロドロと渦巻くかもしれません。

でも子供と向き合い、接することで、今まで自分の中に見えなかったポジティブ&ネガティブな感情、そして小さな可能性、それを敢えて俯瞰してみることによって、自分で気がつかなかった「私が私として生きるためのヒント」を発見することができると思うのです。

 

私は今までこれが好きだと思っていたけど、どうやら違うみたい
私って案外こういうことが得意だったんだ
今この環境で私が出来ることはなんだろう?
仕事やめてしまったけど、本当はこんなことがしたいな

 

なんでそうなんだろう?と、小さなことにいちいち疑問提起することから始めたらいいと思います。
本を読んだり映画を見たり、そんなことができる暇がなくたっていいのです。

見方を変えれば、子育て期は子供を育てると同時に、女性として成長し、自分の本質を見つめ直す大切な期間です。
実際、辞めた仕事に未練タラタラで育児でボコボコにやられたお母さんほど、育児が落ち着いてくると同時に華麗に転身している方が多いのです。
それは子供の成長の喜びと同時に、ひとりの女性として悔しかったり悲しかったり、そんなマイナスな感情をも味わい尽くし、それを上手に糧にできたから。

育児期をどれだけ自分とも向き合って過ごすか、が、今後の人生を決める大きな鍵になるのです。

 

日本人全体の意識として、私達ワーキングマザーが理想郷とする域に到達するのはまだ先であろうと予想されます。
だからこそ今この日本で、私達は私達として強く美しくしたたかに(笑)生きていかなくてはならない。

そして私達ワーキングマザーが「私は将来こうなりたい」と堂々語れる世の中にしたいですね。

けして、「子供や夫が主語に来る夢」を真っ先に語るのではなく、ね。


Tags: , ,

Comments are closed.